資格とは・・

資格(しかく)とは、
1.ある行為を行うために必要若しくは相応しいとされる地位や立場をいう。

2.世情一般には組織内での地位を言い。
  さらに仕事上任務に就くために必要な条件として公にみとめられる能力を指す

                              (wikipediaより)

となりますが、

現在の厳しい経済環境、雇用状況では、就労の環境は厳しさを増してます。
そんな中で企業は有能な人材に関しては、積極的に雇用を働きかけています。(当然ですね)
そうした状況で逆に備えておくべきこととして、自分を磨くこと。
つまりは、社会や企業にとって価値ある人材になるようキャリアアップすることが求められてきました。

キャリア(経歴、実績)をあげていくためのには、知識と経験を豊富にすることですが
資格をとることで知識をはぐくみ、
それを生かして経験をつむことでキャリアアップに繋がってゆきます。
では、

あなたが資格をとろう、資格の勉強をしようと考えた時、

資格についての案内や書籍、あるいは、資格学校の看板などが
それまで気にしていなかったのに、目につくようになるかもしれません。

それらを見て如何です?

こんなにも資格があるんだ!なんて思いませんか?

いったいどの資格が一番いいんだ!
その資格は簡単に取れて自分のキャリアアップにつながるんだ!

なんた思いませんか?

ちょっと、待ってください。

そもそも資格は、取ればいいのではなく、
その取った資格があなたに知識をつけ、その知識の裏付けとしての証となるものです。

だから、有利だ、不利だとか、
平易だ難関だで資格を選ぶのではちょっと異なりますね。

まずはあなたが興味のもてること、
そしてその資格内容をづっとあなたが、資格ホルダーとして一定のスタンスで
つきあい続けられることであることが重要なのです。

最近は主婦の資格取得が大変人気です。 確かに、パートタイムでしごとをしたとしても、 資格の有無で、時間対報酬は格段に資格者が良いですし、 最近では、仕事そのものも資格をなにも持たない人 よりも有資格者の方が職に就く可能性が高