ITパスポート試験には、受験資格の制限はありません。

試験の実施は4月と10月のそれぞれ第三日曜日。
申し込み期間は、4月の試験では1月中旬から一ヶ月間、
10月の試験では7月中旬から一ヶ月間です。

試験時間は165分。出題数は100問です。かなりの問題数です。

合格には、満点の60%以上の点数を取り、
なおかつ各分野別(ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系)の得点が、
それぞれ満点の30%以上の点数であることが条件です。

そのため、トータルの点数が良くても、
各分野別の点数が平均的に取れていないと合格できません。

このITパスポート試験は、情報処理試験の中では初級の試験になりますから、
合格率もかなり高くなっています。
受験者数の半数以上の方が合格していることもあり、
この資格を持っているからといって、
就職に有利だとか、収入がアップするとか、
そういったメリットはあまりないでしょう。

初級の試験だけに、IT関連の職種に就く方にとっては、
取って当たり前の資格と判断されてしまうようです。

とはいえ、さらなる上位資格を目指すためにも、
まずは、初級の試験突破を目指して頑張りたいですね。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »