2009年度に新しく設立された情報処理試験の1つITパスポートとは、
経済産業省認定の国家資格です。

以前あった、初級シスアドという試験と同等レベルの試験です。
情報処理試験の中では、最も初級にあたる資格試験です。

IT時代の現在ではどんな職種についても、
パソコンを使う仕事を避けることはできないでしょう。

このITパスポートという資格は、
働く人にとって、知っておくべき情報技術の
基礎的な事を対象としています。

情報技術に関わっていく仕事はもちろん、
直接情報処理とは関係のない仕事であっても、
自分の持っている情報技術の知識を活かしていこうとする人が
取得する資格といえます。

これまでの社会は、「読み・書き・計算力」が必要といわれてきましたが、
これからは、それに加え、「IT力」や「英語力」も必要なのです。

特にパソコン力はこれからの社会では必要不可欠なものです。
ITを正しく理解して、仕事に活用していけるように、
この資格は設立されました。

これから社会人になる学生の方、
社会人になって間もない方などの若い世代の方が数多く
この資格を受験しています。

でも、若い世代の方よりも、むしろ、
パソコンを苦手としている世代の方が取得した方が
良い資格かもしれませんね。

是非チャレンジしてみてください。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »