応用情報技術者資格とは、

ワンランク上を目指すなら必携の資格といえます。

基本情報技術者の上位資格としての位置づけです。

IT業界において直面する課題に対して情報技術を活用した
戦略立案を行う能力、情報システムの設計・開発・運用に関しての
応用的知識や技術が要求されます。

IT業界で働くには必須の資格といえます。

この応用情報技術者の取得により
「中小企業診断士」などの他試験において
一部の科目が免除になることからも、
社会的需要の高さもうかがえます。

今後においても、人材不足の深刻化で悩む
IT業界からの需要はますます高まっていくと考えられます。



大原学園
資格なら大原へ

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »