40代での転職者の全体数はそれほど変わっていないらしいのですが、その理由や目的というのが随分10年前と今とでは違うそうですね。
昔から40代での転職を考える人が結構多かったというのは、正直ちょっと意外ではありました。
今年のサラリーマン川柳でも取り上げられていましたが、仕事を失って、仕方なく転職を考えるという人が今はすごく多いじゃないですか。
中には会社そのものが亡くなって、やむを得ず40代での転職者になったという人も少なくありません。
”・・・ハローワークで同窓会”というあの一句は、笑うに笑えませんよね。
何しろ、今のご時世、明日は我が身、いつ自分が40代での転職者になっても仕方がないのが現状です。
そして、人生の半ばで新しい仕事をするのはとても厳しいようです。
それでもまだ、40代での転職で、新たな活動の場を手に入れられたら、それはかなりラッキーな事なんですよね。

40代での転職、それはとても暗い話題にも思われがちの昨今ですが、昔は実に明るい話題だったようです。
40代での転職で、初めて自らの能力を活かせる場所を見つけたという人も沢山います。
確かに、学校を卒業してすぐ、と言うか、正式にはまだ学生のうちに就職活動をする訳ですよね。
社会や自分自身の事が何も解らない時の職探しと、40代での転職では大きく異なります。
世の中や自分の能力がある程度解った上で、双方の条件に適応出来る場所を選べる訳じゃないですか。
40代での転職は成功すれば素晴らしい未来が開けるというのは解るような気がします。
自分自身のスキルアップのために40代で転職を考える人が多いというのもね。
その代わりに、身軽だった10代や20代での就職活動とは違って、背負っているものがある40代での転職は失敗すると大変ですよね。
40代での転職、それは自分だけでなく愛する家族のその後の人生まで大きく左右する事になります。

40代での転職にはメリットも多いかわりにデメリットも少なくない。
それは今も昔も変わる事のない40代での転職の実態ではないかと思います。
だから、昔はある程度の自信のある人にしか出来なかった事なのかも知れません。
けれど、今はある日突然40代での転職にトライしなければならなくなっても不思議ではない時代。
それはそれで、大きなチャンスだと思って、とにかく前向きに考える事が大事なのではないでしょうか。
最近は40代での転職を取り上げたブログやサイトも随分増えました。
雑誌や新聞の求人案内を見ていても、年齢不問や学歴不問の文字が目立ちますよね。
勿論ネットの中の40代での転職情報も同様で、年齢や学歴を問わない会社も沢山ありますし、加えて、経験や能力をすごく重視してくれる企業も沢山あります。
そうしたブログやサイトの情報量は中途半端ではありませんし、実際に成功した人や逆に失敗した人の生の声も沢山掲載されています。
そうした40代での転職体験談と今の自分の状況や能力を照らし合わせてみると、きっといい参考になるのではないでしょうか。

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »