転職を30代ですることはけっして簡単なことではありませんが、上手に転職活動ができれば不可能ではありません。30代の転職て、心がけたいことは一体何でしょうか。これまで蓄積してきた技術やスキルを自己PRに生かすことが、30代の転職活動のコツです。自分ができること、今までの実績などをわかりやすくまとめて、自分の強みとして相手に伝えます。過去の実績に関しては、どんな相手と交渉をしてきたのかや、どのくらいの売り上げがあったかなどを、はっきり言えるといいでしょう。1人で成し遂げたものが具体的な表現できないという人もいるでしょうが、グループ単位で行ってきたことでも言及することができます。チームの一員としてどんなふうに自分が貢献したかをアピールできれば良いのです。過去の実績を話す時に、会社内部の情報をリークしないようにしましょう。胸を張って語れる業績ばかりではないということもあります。うまくいかなかったことがあったにしろ、それをどうプラスに転じたかで自己PRになります。30代で転職活動をする時には、20代にはない、実績やスキルなどを押し出していくことになります。30代で転職を成功させるためには、今までどんな職歴を持っていて、転職後も戦力になれることを相手に納得させることです。

« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |