採用が就職活動の結果されるかどうかは、十分な対策をしたかどうかによります。1990年代後半にバブル経済が崩壊し、売り手市場だった就職活動が一転、買い手市場になりました。現在においてもその影響は影を落としており、就職活動に苦戦する人は大勢います。きちんと就職活動の対策をしなければ、よい結果を出すことはできません。重要な就職活動対策のひとつが、自己分析というものです。自分で自分を振り返ることが自己分析です。これからどんな人間になっていきたいのか、自分がどのような経験をしてきたのか、今どんなことができるのかをしっかりと見つめ直しましょう。あらためて自分の特徴を振り返ることが、自己分析によって可能になるといいます。就職活動では面接が必ずありますが、多くの面接では自分の長所や短所など、自分のことをどういう人間だと考えているかが問われます。自己分析を済ませておけば、面接対策になるというわけです。自己分析は志望動機の絞り込みにもなります。面接時にも、自分にとっても、どうしてその業種で仕事をしたいのか、その会社に入りたいのかは主題ではないでしょうか。他人にしっかりと自分のこと伝える活動だといえるのが、就職活動です。自己をきちんと分析し、理解し、文章化するというの、就職活動の対策においては大事なプロセスです。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »