簿記検定とは、簿記能力についての検定試験です。
特定の等級を受験して合格すれば、
その簿記検定に関して一定の能力を有している事が公的に証明されます。

会社運営において経営活動を記録したり整理したりする簿記能力は、
簿記検定によって証明される事で人を雇い入れやすくなります。
同じような学歴がある二人に対し、片方が簿記検定の有資格者であれば
信頼度において多少なり差が出てくるでしょう。

もちろん簿記検定の級位を持っているからといって、
それだけで就職活動が有利に進められるような事はありません。

簿記検定ならば、いつでも勉強して取得すれば良いのです。
能力自体が欲しい場合には、簿記検定そのものは必要とされず
勉強によって習得すれば良いのです。

簿記検定は簿記能力を検定する試験です、 日本では色々な団体が主催しています。 一般的な簿記検定と言えば、 全商簿記か日商簿記の二つでです。 どちらも簿記検定ではありますが、 それぞれ意味するところが異なるため資格としての扱いに注意知る必要があ
簿記検定の合格点は70点ですが、一部に例外が存在します。 たとえば日商簿記検定1級の場合、 70点を取っていても1科目ごとに最低点があります。 つまり、得意科目だけを伸ばしても合格は見えてこないという事です。 日商簿記検定1級を合格するためには、 そ
簿記検定は年に数十万人という規模で受験者数のいる、 検定試験の中でもかなり人気の高いものです。 人気が高いということはつまり実用的という事であり、 様々な場所で活用させることが出来るようになるということです。 資格取得者の数自体もかなり多いので、簿
簿記検定を受けてみませんか。 受ける級にもよりますが、日商簿記検定は年に2回から3回ほど 開催されているので勉強時期を考えて受検すると良いです。 簿記検定では充分な試験時間が用意されているので、 慌てずに問題を丁寧に解いていくくらいで良いでしょう。