税理士の業務内容は、主に5つあります。

・税務業務 
・税務書類の作成
・税務相談
・会計業務
・補佐人制度

税理士の業務内容としては、この5つが代表的でしょう。

税理士は、クライアントの代行として、税金の申告をしたり、税務調査があった時の立会いといった税務業務を行います。

また、確定申告や請求書といった提出書類の作成も税理士の業務になりますし、会計帳簿の記帳代行や財務分析といった会計業務も行うことが多いです。

そして、税理士はクライアントから税に関する相談をされるため、経営コンサルティング的な役割も担っているといって良いでしょう。

それに、税理士法が改正されたことによって、税務訴訟の際には税理士が補佐人として、弁護士と共に裁判所に出頭できるようになりました。

以前までは、税務業務、税務書類の作成、税務相談、会計業務といった業務だけでした。

でも、税理士法が改正され、補佐人制度が創設されたことで、ますます税理士の需要が高まり、業務内容の幅もより一層広くなったといえます。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »