税理士と行政書士には、どのような違いがあるのでしょうか?

税理士と行政書士の違いは、その仕事内容です。

税理士は、主に税に関する仕事を行います。

税務業務、税務書類の作成、税務相談、会計業務、補佐人制度などが税理士の仕事内容となっているのです。

一方、行政書士は、法律に関係する仕事を行っています。

行政機関に提出する書類の作成代行や法律相談などが行政書士の主な仕事内容です。

行政書士も税に関する仕事はありますが、それほど多くはありません。

ただ、税理士の場合は、行政書士の仕事も一緒に行っている人もいます。

これは、税理士試験に合格し、行政書士会に登録することで、行政書士になれるからです。

そのため、税理士の多くは、税理士の仕事以外にも、行政書士の仕事も行っているのです。

税理士と行政書士の違いはこのようになっており、税理士の方が行政書士よりも仕事の幅が広いということになります。

しかし、だからといって、行政書士が税理士よりも劣っているというわけではありませんので、そこは間違わないようにしてくださいね。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »