税理士試験に合格するためには、予備校と独学、どちらが良いのでしょうか?

結論からいうと、予備校に通った方が合格率は高くなります。

独学でも税理士試験に合格できないこともありませんが、合格までには非常に時間がかかるようです。

そのため、人によっては、途中で挫折してしまうケースも珍しくありません。

独学での勉強が厳しい点は、モチベーション維持の難しさと学習効率の悪さです。

一人で黙々と勉強できる人もいますが、多くの人は一人で勉強していると、徐々にモチベーションが下がってきます。

また、自己管理ができない人だと、勉強をサボってしまう可能性が高いです。

そして、分からない点があっても、誰かに聞くことができないので、学習効率がとても悪くなります。

しかし、予備校であれば、税理士を目指す受講者がたくさんいますから、高いモチベーションを維持しやすいはずです。

それに、分からない点があった場合、その場ですぐに講師の方に聞くことができます。

これらのことから、独学よりも予備校に通った方が合格率が高いといえるでしょう。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »