社労士の年収、給料は、個人の能力や雇用形態によって変わります。

社労士には、会社で働く場合と開業して個人で働く場合の2つのパターンがあります。

会社で働く場合には、書類や申請をするごとに報酬が発生し、
業務ごとに報酬が分かれているケースが多いです。

また、専属として働く場合には、固定給になることもあります。

開業の場合には、自分の好きな金額を設定できるため、
能力のある方でしたら、こちらの方が年収が高くなります。

社労士の平均の年収は、400~800万円ほどです。

新人の方などは、平均年収が200万円を切る場合もあります。

ベテランになると、1000万円を超える方も珍しくないようです。

社労士の資格だけで高待遇されるわけではありませんが、
コミュニケーション能力と腕次第では、高年収も期待できます。

いきなり開業した場合、赤字になってしまう方も少なくないと聞きます。

まずは会社で雇用してもらって、後に独立する方が堅実かもしれません。

サラリーマンと変わらない年収に驚く方もいるかもしれませんが、
能力次第では高い年収を稼げる夢のある職業です。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »