社労士の合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)は、
大半の年が10%未満です。

この数字からも、社労士の試験は難易度が非常に高いのがわかるでしょう。

社労士は仕事をしながら取得を目指す人も多く、
仕事以外の時間のほとんどを勉強にあてているというような話もよくききます。

そんな一生涯懸命に勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)してる方
が集まっている中でも、
十パーセント未満の方しか合格していないです。

だからと言って、社労士の試験は合格できる人数が決まっている
わけではないのです。

規定の点数をとる事ができれば合格になる為、
自分との戦いと言われていますね。

社労士の試験は変わっていて、
どんなに総合点数が高くても、
分かれている項目の点数が一箇所でも規定点数に達していない場合には、
不合格となってしまいます。

そのために、不得意科目を作ることは許されないのです。

他の試験では、苦手なところを得意な科目でカバーする
ということも出来ますけど、社労士の資格では
それをすることができないため、
合格率が低いと言われているようです。



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »