社会保険労務士は人事労務のプロとして昨今ニーズが拡大しています。

保険や年金、労務管理の専門家として、

企業の人事・総務部門で昇進、昇給が望めるほか、

独立開業で高収入も見込めます。

ニーズの割に有資格者が少なく、転職や就職に有利!


社労士とは、 生活を有利にすることができる資格 特に、年金や雇用に関するエキスパートと言えるのです。 そんな社労士の取得は難しく、大変な資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)です。 今のところは税理士や司法書士の方が知名度が高い
社労士の合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)は、 大半の年が10%未満です。 この数字からも、社労士の試験は難易度が非常に高いのがわかるでしょう。 社労士は仕事をしながら取得を目指す人も多く、 仕事以外の時間のほとんどを勉
社労士の年収、給料は、個人の能力や雇用形態によって変わります。 社労士には、会社で働く場合と開業して個人で働く場合の2つのパターンがあります。 会社で働く場合には、書類や申請をするごとに報酬が発生し、 業務ごとに報酬が分かれているケースが多いです
社労士試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の教材は、 テキストと問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を 2冊ずつ用意するといいでしょう。 まず、テキストだからって、 ・基礎