公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の資格をとるメリットには、次っぽいことがあげられるでしょう。

・男女平等である
・収入が多い
・社会的地位が高い
・税理士、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)になれる

公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の間でも人気のある資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)だといえるのではないでしょうか。

それは、公認会計士と言った仕事には男女の差が殆どないからです。

女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)でも、男性と同じように仕事をすることができ、当然、出世のチャンス(ピンチだと思うような状況が実はチャンスだというのは、よくいわれることですね)もあります。

つまり、男女平等の職場で働きたいと思っている女性にとって、かなりメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)のある資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)だと言っても良いかもしれませんね。

また、他の職種と比べてみると、やはり難関の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)と言う点もあり、割と収入が多くなる傾向があるのです。

高収入を目指している人にとっては、ぴったりの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)と呼ねれているのです。

それに、難関の三大国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)とも言われる公認会計士ですから、この資格を取る事で社会的地位が高くなるのも事実です。

加えて、公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の資格を取っておくと、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受けなくても登録制度によっては税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)、行政書士になる事も出来るようになっています。

これも、かなり大きな利点の一つでしょうね。

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »