公認会計士で独立して敭ある顧客を獲得するには、次のような方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)が考えられるでしょう。

・税理士の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)も取得しておく
・様々な経験を積む
・人脈を広げる

まず、公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の主な仕事は、企業における決算書の監査証明をしたらすね。

けれど、その分のお仕事で敭多くの顧客を獲得しようとしても、限られてしまいますね。

その為に、公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の資格を取得すると、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)を受けずに登録するのみで税理士としての資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)も取得出来る事を利用して、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)としての仕事も引きうけるようにしましょう。

それだけのことでも仕事の幅が広がり、顧客の増加が期待出来るのです。

また、経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)を積む事も重要となってきます。

最初は、監査法人にて監査の実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)を積むと思うのですが、その後にすぐ独立するのではなく、一般企業にてコンサルティング業務を行ったり、税務関係の仕事をしたりするのも良いと思います。

様々な業務の実務経験を積む事で、案件が入った時にも柔軟に対応する事ができるようになります。

顧客を獲得する為には、一通りのスキル(磨くという表現があるように、努力が必要になります)は身に付けておくようにして、入ってきた仕事を断らないことが重要です。

それに、最終的には、人脈次第といった事もあるでしょう。

人によって、次の顧客を紹介してくれる可能性もありますから、相手に満足してもらえるような仕事ができるよう、実力を付けるのが一番ですね。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »