公認会計士の求人は沢山あると思われているみたいですが、実際は就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)難かも知れません。

その原因の一つに、平成20年から始まった公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)合格者数を増やす試みがあるでしょうか。

試み通りに公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)合格者が大幅に増加した結果、監査法人に就職できない人が溢れてしまったでしょうね。

公認会計士の資格を得るためには、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に合格するだけではなく、実務経験を2年以上積む必要があるのです。

一般企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)の殆どは、公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の試験に合格しただけの人を求人していません。

即戦力になるためにも、実務経験が必要となってくるのです。

その為、公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の試験に受かった後は、監査法人に就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)して実務経験を積もうとする合格者が多くなるのではないでしょうか。

監査法人の求人に対して、就職希望者が多すぎるために、就職先がみつからない人が溢れてしまっているとなります。

ただ、実務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)を積んで公認会計士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を取得できれば、その業務は独占でもありますので、数たくさんある求人が期待出来ます。

公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の仕事だけじゃなく、副業的なコンサルティング業務も出来ますので、その分求人の数も多くなるでしょう。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »