公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の年収ってどれぐらいかっていうと、大手である監査法人に就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)した場合の初年度で約480万円です。

これは残業代を抜きにした年収ですので、一般企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)と比較すると年収が高い職業といえます。

公認会計士の試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格した方の大半が、始めてすぐは監査法人に就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)するため、最低の年収でこれ程度でしょう。

それから実務経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)を経て、40歳程度になったら公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の平均の年収は700万円程度となります。

但し、公認会計士の最高年収は、1千2百万円程度で高止まりしてしまう傾向にあると思います。

そのため、経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)を積んで独立開業する公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の方も多いと言われています。

独立すればその実力にもよりますが、年収1億円も夢ではないんです。

純粋な監査証明の仕事だけではなく、各企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)のコンサルティングの仕事をする事で、その収入をアップさせることができます。

つまり、監査法人に一生勤めるのではなくて、独立したり一般企業へ転職したり、または、コンサルティングの副業をもったりする事により、年収をUPさせる事も可能なというわけですね。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »