公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)は具体的に何をするのかといいますと、企業の財務諸表の監査証明をやることが主な仕ということです。

財務諸表、つまり、企業における経営成績や財務状態等が明記された決算書は、作成するだけではなく、その内容がただしいということを証明しなくてはなりません。

そのために、作成された財務諸表の内容を確認して、間違いがないことを証明する監査の仕事を公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)が行っているのです。

ちなみに、この監査証明業務は公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を持っていなければ行う事ができない業務になっています。

それだけ、公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の仕事は責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)が重く、重要な仕事ということになりますね。

また、監査証明に限ったことではなく、その知識を活かしたコンサルティング業務や、企業内の会計士としての仕事を行う事もあります。

それに、公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を持っていれば、試験を受けなくても税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)が取れますので、企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)で財務諸表の作成を行う場合には手伝いをする事も可能です。

つまり、これだけ幅広い仕事ができるというわけです。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »