予備校と独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)では、どちらが公認会計士試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する可能性が高いかというと、予備校(明治時代にはすでにあったそうです)に通った方が高くなるでしょう。

その理由の一つに、公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の出題範囲の広さがあげられます。

法律や会計問題の中でも、ひんぱんに出題される分野と言うものがあります。

効率的に公認会計士試験の勉強を行うためには、膨大な出題範囲の中からしょっちゅう出題される分野に絞って勉強することが必要になります。

それだけ野を適切に教えてくれるのが、予備校(一昔前は予備校といえね浪人生が通うものだというイメージがありましたが、近年では現役生が現役合格を目指すために通うことも多いです)だと言えますね。

また、近年の出題傾向としては、専門の知識があることを前提とした、思考力や論理力をみる問題も多くなってきています。

そのような問題にも対応出来るよう、準備する必要がありますね。

そのため、公認会計士試験を受ける方のほとんどは、予備校(入学試験や資格取得試験などを受験する人に、その試験に合格するための知識や情報を教えるための商業的な民間の教育施設のことをいいます)を使って勉強した経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)があるようです。

ただ、絶対に予備校に行って勉強しなければ合格しない試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)というわけではありません。

毎日5時間以上の勉強を3年も長く続けていれば、合格できるレベルの試験だとも言われていますので、独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)で勉強しても充分に可能性はあるでしょう。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »