公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の資格をとるメリットには、次っぽいことがあげられるでしょう。 ・男女平等である ・収入が多い ・社会的地位が高い ・税理士、行政書士(受験者は年々増
公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)は具体的に何をするのかといいますと、企業の財務諸表の監査証明をやることが主な仕ということです。 財務諸表、つまり、企業における経営成績や財務状態等が明記され
公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の年収ってどれぐらいかっていうと、大手である監査法人に就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)した場合の初年度で
公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に合格するには、とにかく勉強し
予備校と独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)では、どちらが公認会計士試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する可能性が高いかというと、予備校(明治時代にはすでにあったそうです)に
公認会計士の求人は沢山あると思われているみたいですが、実際は就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)難かも知れません。 その原因の一つに、平成20年から始まった公認会計士(試験を受けなくても
公認会計士で独立して敭ある顧客を獲得するには、次のような方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)が考えられるでしょう。 ・税理士の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)も取得しておく ・様々な経験を積
公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)と税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)は何