中小企業診断士資格取得試験にには、
様々な科目があります。

中小企業診断士の一次試験の科目としては、
経済学、経済政策、財務、会計企業経営理論、運営管理、
経営法務経営情報システム、中小企業経営中小企業政策があります。

中小企業診断士の二次試験の科目には、
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例があります。
他にも組織実務の事例、マーケティング流通実務事例、
生産、技術実務事例などが
中小企業診断士科目にあります。

科目が極めて専門的で広範囲な試験であることが
よくわかります。

1次試験に合格すると、合格した年と次の年は
1次試験の科目が免除されます。

一部の中小企業診断士の科目に合格した人、科目合格として、
翌年度及び翌々年度の試験で、合格した科目が免除されます。

中小企業診断士の試験は、3年以内に7科目すべて合格すれば、
1次試験合格者と認定されます。

これは、科目合格を配慮したもので、
中小企業診断士になるために、できるだけ負担をかけない
ようにした措置です。

中小企業診断士の場合、科目免除があり、
司法書士試験のように一気に合格しなければならないことはないのです。

試験制度を上手く利用すれば、中小企業診断士の場合、
受験の負担を減らすことが可能です。
もちろん、合格実績のある学校でしっかり勉強すれば、
中小企業診断士に一発合格することは可能です。

ただ、独学で確実に合格できるほど甘い資格ではないので、
中小企業診断士の科目免除は有意義な制度です。

出題範囲、専門知識の深さ、合格率を見れば、
中小企業診断士の科目免除は、適切と言えるかもしれません。

中小企業診断士になるには、科目も多いので、
本屋にある本や問題集だけでは、到底合格することはできません。

一般的に、中小企業診断士の試験で不合格になる人は、
出題範囲を絞り切れておらず、
専門知識の理解が甘いことが指摘されています。

そのため、中小企業診断士に合格するには、膨大な試験範囲を絞り、
分かりやすく教えてくれる学校を選ぶ必要があります。

経済学の科目は、グラフがたくさん出てくるので、
初学者にとっては苦痛です。

中小企業診断士の財務会計の科目は、
苦手な人が多い科目として指摘されています。
財務会計の中小企業診断士の科目を克服するには、
計算に慣れることが大事で、地道な計算の練習が重要です。



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »