中小企業診断士の年収はどれくらいなのか?気になるところですね。

中小企業診断士の資格を取得したからといって、
それだけで、高額の年収が約束されるわけではないのはご承知のとおりです。

なぜなら、中小企業診断士は相談してくれるお客様つまりクライアントがいて
初めて、収入が期待できるわけです。

開業しただけでは、’開店休業状態’というわけです。

さらに言えば、キャリアや能力、企業に所属しているかどうか、
独立しているかどうかで、その年収は大きく異なります。


中小企業診断士というだけで、ある程度の期待収入が同じように得られる。
ということではありません。

巷のおおよそ平均では、中小企業診断士の年収は1000万円位とも言われていますが、
あくまで平均であるということですから実際は定かではありません。

また、中小企業診断士の資格を取得した直後は、
実績がないので、クライアントがつくまで、大きく稼ぐことはできません。

最初は、中小企業診断士の場合、企業に所属するケースがほとんどで、
その間に経験を積んで独立するというパターンが良いように思います。

資格を持った即戦力として優遇される傾向がありますから、
資格のない人と比較すると、雇用の年収はかなり違ってきます。

もしはれて中小企業診断士として独立に至れば、実績や能力如何によって、
かなりの年収を得ることも夢ではありません。

会社の財務面の管理を行う役割も中小企業診断士は担っているので、
公認会計士の資格も同時に持っていれば鉄壁です。

また、中小企業診断士の資格と共に、
税理士の資格を持っていれば、企業でかなり評価されます。

中小企業診断士の資格を所持し、経営の能力もあれば、
間違いなく年収はアップします。

ただし、中小企業診断士の資格と合わせて、色々な資格を持っていても、
それだけで年収が増えるわけではありません。

中小企業診断士の資格だけで、年収2000万以上を稼ぐ人もいますが、
資格を複数持っていても年収が低い人もいます。


実際中小企業診断士の資格を持っていても、
年収は普通のサラリーマンと変わらない人も多くいるのも現実です。

資格を取得したとしても、それはあくまできっかけに過ぎないのです。

例えば複数の資格を有さなくとも、経営スキルに長けていれば。
資格保有者を束ねて総合経営コンサルティング事務所として辣腕を・・
という方が、クライアントもつきやすく年収の期待値は上がるでしょう。

中小企業診断士の資格がを生かされるかどうかは、本人の努力とスキル次第で、
それによって、年収も変わってくるということです。

ですので中小企業診断士になって年収をアップさせたいなら、
努力次第ということになります。

コンサルタント業務の稼働日数が100日以上ある中小企業診断士の年収は、
500~800万円くらいなのだそうです。

ただ、現状の中小企業診断士資格取得者の多くは、
ほんどが一般企業に勤務しているので、それほど年収は高くないようです。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »