中小企業診断士とは、中小企業に対して、経営相談を受けたり、
今後の方針などについて指導をしていく役割を果たす資格。

試験を受けて、登録をしなければ、活動することはできません。

登録をして、初めて中小企業支援法において、
中小企業診断士となり、
中小企業の経営診断の業務に従事する者と認められます。
中小企業支援法に基づく国家資格であり、国家認定資格です。




中小企業診断士は、一定以上の能力を持つ 民間コンサルタントを認定する制度。 法律上、中小企業診断士は、 名称独占の立場にはありませんが、 通常は名称独占資格とされるケースがほとんどです。 法律上の規定がなくても国家認定資格なので、 登録がな
中小企業診断士の年収はどれくらいなのか?気になるところですね。 中小企業診断士の資格を取得したからといって、 それだけで、高額の年収が約束されるわけではないのはご承知のとおりです。 なぜなら、中小企業診断士は相談してくれるお客様つまりクライアント
中小企業診断士資格取得試験にには、 様々な科目があります。 中小企業診断士の一次試験の科目としては、 経済学、経済政策、財務、会計企業経営理論、運営管理、 経営法務経営情報システム、中小企業経営中小企業政策があります。 中小企業診断士の二次試
中小企業診断士の資格は・・・、 通常他の資格試験で設定されているような受験資格は 中小企業診断士受験にはありません。 なので、基本的には受験資格がないということになるのですが、 資格を取得するには、2つの方法があります。 まず、中小企業診